(メルマガ)遺言

  • レポート
  • 2016.08.15

☆★☆────────────────

~成功の研究~
知って得する起業とビジネスのヒント

─────────────── 第171号

多様なビジネスの現場に深くかかわる公認
会計士・税理士の立場で、見たこと・得た
知識・感じたことを、特に起業を志す人や
スモールビジネスの経営者の成功につなが
るよう、楽しく・分かりやすくお届けしま
す。

なお、筆者執筆中の税理士法人ASC・
(株)エーエスシー・中村会計HPのA
SCレポート
(http://www.asc-report.jp/)との関係
は次の通りです。
1)月末:ASCレポートの一部要約版
2)月中:メルマガのオリジナル
___________________
目次
■今回のテーマ:遺言
■まとめ
■編集後記
___________________

遺言

ゆいごん。
正式な法律用語としては「いごん」と読む
そうですが、先日書きました。

きっかけはメガバンクの担当者とのお付き
合い。

私自身まだ40代なので、そうでもなけれ
ば自分で遺言など書くつもりもありません
でしたが、そのグループの信託銀行と遺言
信託契約をし、公証役場に行って完成させ
てきました。

つまり、一般にお勧めされる公正証書遺言
です。

皆さんも「遺言」と検索すると
「公正証書遺言にしとくと良いです」とか
書いてあると思いますが、なぜ一般にお勧
めされるのか。

自分で書いて隠しておく自筆遺言に比べて
・家庭裁判所による検認が不要
・原本が公証役場に保管されるので安心。
・法的効力が強いので、そのまま銀行や法
務局で名義変更ができる。

といったメリットがあるからです。

公正証書遺言は、これまでも相続のお仕事
で見ることはありましたが、もちろん自分
のは初めて。

とにかく自分が何を持っているのか洗いざ
らい出して原案を作ってもらいます。
銀行口座、証券口座、不動産、匿名組合契
約、非上場会社や法人への出資等々。

数はありますがいずれも少額。
私が社会人になってから積み上げた資産な
ので知れています。

この程度で遺言か、と思いつつも原案チェ
ックし、いつもは会社設立の際の定款認証
でお世話になっている浜松町公証役場へ。

10時開始。
参加者は公証人の先生、証人の方2名、信
託銀行の担当、そして私。
証人の方は公証役場の手配で来ていただい
た初老のお二人でした。

公証人が冒頭から読み上げて、全員で聞き
ます。

とはいえ、私はともかく、ほかの4人にと
ってはしょせん他人事。
何の興味もないのだろうな、と様子を伺い
つつ時間の経過を待ちました。

10分くらいでそれも済んで、直ちに公証
人の先生に報酬と証人の方々に謝金を払っ
て終了。

証人の方々にとってはせいぜい15分で6
千円のお仕事ですから、まぁまぁ良いアル
バイトかもしれません。

最後に信託銀行に30万ちょっとを払って
、要は「全部妻にあげる」という遺言書が
出来上がりました。

子供が成人するまでは全部妻へ、で良いか
と思ってそうしたわけですが、実はこうす
るのも遺言がないと結構大変だったりしま
す。
(家族内で民事信託をすればクリアできま
すが。)

どんな風に大変か。

実は昨年、事故でご主人を亡くした奥様の
相続税の申告をさせていただきました。
奥様が40前でお子様はまだ幼児。

これなどまさに全部妻へ、のケースです。

それでも奥様とお子様は相続をめぐって利
害関係が対立する立場なので、裁判所にお
子様の特別代理人を選任してもらい、奥様
が特別代理人と遺産分割をするという手間
が生じました。

なので、今回私が作った遺言は、
・そのようなリスクを減らした。
加えて、
・このブログのネタができた。
というのが成果なのかもしれません。

まぁ良いか。

■まとめ
___________________

(報告)
公正証書遺言はこんな感じでできます。

■編集後記
___________________

『ビッグデータ・ベースボール』という本
を読んでいます。

出塁率に注目したアスレチックスを描いた
『マネーボール』後の世界。

大量のデータから、選手の隠れた価値を示
す指標を探り当て、過小評価された選手を
取ってくる。
どんどん進化していてなかなか興味深いで
す。

たとえば捕手によって、微妙なボールを審
判にストライクと判定させる技術に違いが
あるそうです。
これも数値化できる。

ストライクをとるのはどうやらピッチャー
だけではないのです。

2011年のシーズンでは、これがうまい
捕手+30点~下手な捕手-15点。
その差は45点。
4~5勝に相当するので無視できません。

パイレーツはそれに注目して、この技術は
あるが打率が悪くて過小評価されている捕
手を獲得して・・・
とこの本は続きます。

ただ、私が面白いなと思ったのはこの一文
でした。

送りバントは
「昔からある戦法だが、統計的に見るとチ
ームが得点する可能性をほぼ確実に減らす
作戦であることがわかっている。」

え。そうなの?

ちょうどこれを書いている今、明徳義塾の
選手が送りバントに成功しました。

___________________

メールマガジン「成功の研究」

☆発行責任者:中村健一郎
☆公式サイト:http://www.ascinc.co.jp/
☆問い合わせ:info@ascinc.co.jp
☆登録・解除:
http://www/mag2.com/m/0001000369.html