(メルマガ)月の満ち欠け

  • レポート
  • 2017.09.15

☆★☆────────────────

~成功の研究~
知って得する起業とビジネスのヒント

─────────────── 第197号

多様なビジネスの現場に深くかかわる公認
会計士・税理士の立場で、見たこと・得た
知識・感じたことを、特に起業を志す人や
スモールビジネスの経営者の成功につなが
るよう、楽しく・分かりやすくお届けしま
す。

なお、筆者執筆中の(税)ASCのHPの
ASCレポート

ASCレポート


との関係は次の通りです。
1)月末:ASCレポートの一部要約版
2)月中:メルマガのオリジナル
___________________
目次
■今回のテーマ:月の満ち欠け
■まとめ
■編集後記
___________________

今回は「成功」とは無関係ですが、興味深
いことがあったのでお伝えしたいと思いま
す。

表題の『月の満ち欠け』
http://amzn.to/2fiUE1k

お読みになりましたか。
今年の直木賞受賞作品です。

これ自体とても面白いのですが、不思議な
ことがありました。

メインの登場人物に次の人がいます。
・勤務する会社
-大手ゼネコン
-その会社はアクアライン建設にかかわっ
た。
-最近、本社が芝浦から京橋に移転した。
・その人の役職は本社総務部長

とても良い役で出てきます。
要は良い人で、女性に深く慕われる。

上記の情報だけ見ても、これがどこの建設
会社を示しているかすぐにわかるのですが
、小説に会社名は出てきません。

私もすぐにわかったので、このグループの
要職にある方にお知らせしてみました。

既に社内で話題になっているかもしれませ
んが、こんな風に貴社が出てきていますよ
、と。

すると、
・初めて聞いた。
・早速読んでみます。
とのお返事。

そして数日後にまたご連絡がありました。

・これは確かにうちです。
・京橋の新本社の描写もとても詳しい。
・この人に該当するのはH部長になります。

ただ、
・この著者がうちのグループとどこで接点
があるかまったくわかりません。

とはいえ、
・とても面白い小説だったのであっという
間に読んでしまった。
・映画化もされるのではないでしょうか。
とのことでした。

先日来られた時もその話になり、

社内で他の者とも共有しているが、やはり
なぜ著者がその会社を舞台に選び、社内の
ことを良く知っているのか、皆不思議がっ
ているとのことでした。

ということで謎は解決されていないのです
が、面白い小説を読みました、というお話
でした。

ご一読ください。

■まとめ
___________________

今年の直木賞作品
『月の満ち欠け』は面白い。
http://amzn.to/2fiUE1k

■編集後記
___________________

お客様にTV局の方がいらっしゃるので、
弊社の紹介を、先日CMとして少し放送し
ていただきました。

プロモーションビデオのようなもので30
秒ですが、


↑↑↑
よろしければご覧ください。

放送を直接目にするというよりも、このよ
うなものを制作した事実が、面白いと思っ
もらって採用などに役立つはず、と思って
います。

___________________

メールマガジン「成功の研究」

☆発行責任者:中村健一郎
☆公式サイト:http://www.ascinc.co.jp/
☆問い合わせ:info@ascinc.co.jp
☆登録・解除:
http://www/mag2.com/m/0001000369.html