(メルマガ)消費税還付ビジネス

  • レポート
  • 2019.09.15

★☆────────────────

成功研究
知って得する起業とビジネスヒント

─────────────── 第245号

多様なビジネス現場に深くかかわる公認
会計士・税理士立場で、見たこと・得た
知識・感じたことを、特に起業を志す人や
スモールビジネス経営者成功につなが
るよう、楽しく・分かりやすくお届けしま
す。
___________________

目次
■今回テーマ:消費税還付ビジネス
■まとめ
■編集後記
___________________

来月から消費税が10%になります。
今回も増税延期を予想する方がいらっしゃ
いましたが、私達感覚は違っていました。

今回延期はなさそう、と半年以上前から。
なにしろ前2回延期があった時に比して、
国が出してくる施策やら資料やらがやたら
にきめ細かく多かったからです。

Q&Aはこれ、レジ補助金はどう、山ほ
ど出てきて、これをなかったもにする
はかえって混乱するだろうなというくらい
でした。

今回10%と一緒に入った軽減税率が余分
な混乱を招くとは思いますが限定的でしょ
うし、ここまではまぁ良いでしょう。

ただ、そ先に既に導入が決まっているイ
ンボイス制度は難物です。

生活者に無関係だとマスコミもほとんど報
道しないですが、消費税導入以来構造
変更と言ってもよく、起業家や零細事業者
には確実にマイナス効果を与えるはず。
また改めて取り上げようと思います。

さて、ここで今回タイトル「消費税還付
ビジネス」
実は、私達会計事務所お仕事1ジャン
ルです。

ビジネス、お客様設備投資に伴う消
費税還付をお手伝いするもで、これ1本
で荒稼ぎされている税理士先生もいらっし
ゃいます。

主なお客様は、億円単位投資用賃貸住宅
を買う人・会社。
建物消費税還付を○%成功報酬
などで請け負うわけです。

建物が2億1,600万なら、そ1,6
00万消費税。
これを取り返します。

ただ、住宅家賃は非課税。

非課税売上しかない場合、買ったモノに
付いている消費税は、普通にやっていると
取り返すことなどできません。

これをなんとかします。

たとえば「自動販売機スキーム」
と検索すればあれこれ出てくると思います
が、これはかつて流行した手法です。

他にも、経過措置狙い「法人ごと売買」。
以前は、ある年以前設立法人であれば規
制がかからないという時期がありました。

「これ1本で荒稼ぎされている先生」
などは、そために何社も設立しておき、
依頼があったら、まずはそ法人ごと販売
してニーズに応えていました。
「こ会社を使って物件を買ってください
」と。

でも今はそれもダメ。
度重なる税制改正はスキームを次々と潰し
てきました。

じゃあ今できるはないか?
ないことはないです。

それは「金売買」スキーム。
これも検索すると出てくると思いますが、
ところ有効です。

・会社を設立する。
・不動産を買う
・一定規模以上金を売買する。
以上。

書くと簡単なですが、会社をいつ設立し
て物件を買って決算月をいつにするか、金
売買する額とタイミング、などを想定家
額・発生時期などから設計し、最低3
年ほどは慎重に管理する必要があります。

金額も大きく、理論的な裏付けはあります
がリスクもないわけではなく、ど事務所
でも取り扱っているわけではありません。

ため、これをやる私達事務所には、
大々的に宣伝しなくても業者さん等を通し
て一定数案件が入ってきます。

昔からお客様で新たに不動産投資をしよ
うかなとご検討を始めた社長からも、
「そんな話を聞いたですが、
先生ところは「やる方事務所ですか?」」
と再確認を求められたこともありました。

「はい。やる方事務所です。」

ただ、どうせやるであれば裏メニューで
はなく、宣伝して大々的にやるも良いか
もしれません。
おそらくここ1,2年で封じられる話でし
ょうから。

・・・・と書いた上で見返してみると、よ
く知らない人からすれば○○スキームとや
ら、悪徳税理士所業ですね。

本メルマガ愛読者父からもクレーム
ールが来そうな気がしています。
「どうやら国に迷惑をかけている話よう
だが、いったい何をやっているんだ。」と。

■まとめ
___________________

消費税還付「金売買」スキームやってま
す。

■編集後記
___________________

ZOZO前澤社長が会社を売っちゃいま
したね。
ZOZOスーツがつまずき原因1つと
も報道されていました。

たしかに下記「編集後記」
https://www.ascinc.co.jp/report/1179/
では、こスーツへ期待と失望体験を
辛口に書きましたが、そアイデアは今で
も良かったと思います。

アプリ(ソフトウェア)完成度が低かっ
ただけ。

もしくは今スマホスペックが、アイデ
アに追い付かなかっただけなかもしれま
せん。

前澤社長ことは個人的になんとも思って
いませんが、そ点は少し残念に思ってい
ます。

__________________

メールマガジン「成功研究

☆発行責任者:中村健一郎
☆公式サイト:http://www.ascinc.co.jp/
☆問い合わせ:info@ascinc.co.jp
☆バックナンバー
https://www.ascinc.co.jp/reports/