(メルマガ)ファンド

  • レポート
  • 2016.07.15

☆★☆────────────────

~成功の研究~
知って得する起業とビジネスのヒント

─────────────── 第169号

多様なビジネスの現場に深くかかわる公認
会計士・税理士の立場で、見たこと・得た
知識・感じたことを、特に起業を志す人や
スモールビジネスの経営者の成功につなが
るよう、楽しく・分かりやすくお届けしま
す。

なお、筆者執筆中の税理士法人ASC・
(株)エーエスシー・中村会計HPのA
SCレポート
(http://www.asc-report.jp/)との関係
は次の通りです。
1)月末:ASCレポートの一部要約版
2)月中:メルマガのオリジナル
___________________
目次
■今回のテーマ:ファンド
■まとめ
■編集後記
___________________

 

儲け話があるので、人からオカネを集めた
い。

出資してもらい、儲かったら分配する。
儲からなかったら泣いてもらう。

その場合、すぐに思いつくのは会社を作る
ことです。
会社に出資してもらい、儲かったら配当を
出す。

でも、会社にしたときに問題なのは、
まず会社で税金がかり、
そしてそれを配当するときにも(多少軽減
されるものの)税金がかかること。

そもそも単発だったり、せいぜい数年単位
の儲け話だと、会社を設立してもすぐに解
散することになって後が面倒くさい。

そこで、ファンドってどうなの?という話
になります。

ファンドの形式にはいくつかあるのですが
、その典型例が「匿名組合」。

一口馬主というものがありますね。
多くの人が少しずつ出して一頭の馬を買う

その馬を預けて走らせてもらう。

賞金が出れば組合員で山分けだし、走らな
ければ維持費だけがかかるわけですが、こ
の窓口となり、出資者に代わって馬を買っ
て走らせてくれるのが、愛馬会法人・クラ
ブ法人という会社です。

この関係の整理のために「匿名組合契約」
が結ばれます。

匿名組合の課税はパススルー。

つまり組合の段階では課税されずに、投資
家本人に直接課税されます。
そのため、会社のように、いったん会社で
課税された後に配当、ということがありま
せん。

そして、これはたまたま競馬ですが、別の
テーマであっても良いのです。

宝探しでも良いし、ヒット商品開発でも良
い。
(ちなみに、映画の●●制作委員会といの
は、これと少し似た「任意組合」というも
のを使っていることが多いです。)

ただ、この匿名組合をはじめとするファン
ド。
金融庁の管理下にあって、大変厳しい規制
がかかっています。

募集は第二種金融商品取引業登録をした会
社であることが原則で、ミニ証券会社を作
るのと同じくらい難しく、一般の事業会社
ではとてもできません。

また、小規模な場合の特例もあるのですが
、昨年夏頃から、事実上使えないくらいの
厳しい取扱をされるようになっています。

これを使ったファンドにだまされる人が多
く出て、社会問題化したのがきっかけのよ
うです。

新規に許可を受けることは難しく、さらに
は既に許可を受けていたファンドにも厳し
くチェックが始まっています。

私達の子会社も、この特例を使って金融庁
に許可をもらってやっていたソーラーをテ
ーマにしたファンドがあるのですが、最近
すみやかに解消するように指導されました

要件の一つにプロの投資家が参加している
こと、というのがあるのですが、そのプロ
投資家が適格性に欠けるから、とのこと。

金融に詳しい行政書士の先生に紹介しても
らったプロ投資家で、そこそこのコストを
払って組成したファンドなのに結局続けら
れなくなりました。

ちなみにその先生は金融庁のホームページ
でさらし者になっています。
(御本人は、処分ありきで自分の話は一切
聞いてくれない、と怒っていましたが。)

つまり、ちゃんと法令遵守を目指してやっ
ても難しいわけです。

ですから、自分のホームページでファンド
への出資を募る、というのは問題外で控え
ないといけません。

金融関係の違反は、いきなり後ろに手が回
る薬事法違反と同じように厳しく、知らな
かったでは済まされません。

アイデアがある。
出資を募る。
良いことなのですが、慎重に進める必要が
あります。

もし匿名組合を使って多くの人から募りた
ければ、第二種金融商品取引業者の支援を
受けるべきです。

一方、数人から出資を受けて事業を始める
のであれば、会社を設立してやる方が現実
的だと思います。

■まとめ
___________________

ファンド形式でのオカネ集めは気軽にでき
ないので要注意!

■編集後記
___________________

本文にも出てきた一口馬主。

先日、80万だかで出資したら、既にトータ
ル400万以上戻ってきている、という方にお
会いしました。

20人ほどで買った一頭だそうで、400万は維
持費を引いての1人当たりの金額で、その
お馬さんは1億以上の賞金を稼いでいるよ
うです。

小学生のお子さんには、あの馬が勝ったら
ほしいものを買ってやる、と言ってたら次
々に買うことなって、教育上変なことにな
っているとのこと。
(その子はお友達に、ほしいものがあった
らお父さんに馬を買ってもらえ、と言って
いるそうで。)

投資対効果が高い、かなりのレアケースの
ようですが、びっくりしました。

もう10年くらい前、一口馬主を熱心にやっ
ていた知人は全然でしたから。

___________________

メールマガジン「成功の研究」

☆発行責任者:中村健一郎
☆公式サイト:http://www.ascinc.co.jp/
☆問い合わせ:info@ascinc.co.jp
☆登録・解除:
http://www/mag2.com/m/0001000369.html